アウトソーシングとは

組織内部でこなせない仕事が発生した場合、新たに組織内部に対応できる部署を作ったりすることがあります。それだけの人材資産があれば問題はありませんが、どこでもそこまでの資産があるとは限りません。新たに集めるといっても、それが利益に繋がればいいですが、赤字体質を作り上げる原因となることだって出てきてしまうのです。 そこで、一般的には外注を使い対処していきます。これをアウトソーシングといい、本来のビジネスから独立させ、外部組織で対応していくのです。

アウトソーシングという名前だけを聞くと、新しいものなのかと思ったりしますが、実は古くからあるもので珍しいものでもありません。しかし、外部資源を有効に使うという面では、新しい考え方であるといってもいいでしょう。これにより、人材育成からも解放されますし、設備投資もしなくて済みます。企業にとっては、重くのしかかる負担を軽減し、スマートな経営を目指していくことができるようになるのです。組織を再生する場合にも有効な手段で、製品の精度を引き上げるためにも有効な手段となります。 ただし、方法を間違えれば違法なことになってしまうことも出てきます。失業問題や、事業継承の問題もあることから、なんでもアウトソーシングすればいいとは言えません。仕組みを考えていくことができれば、そういった失敗もすることなく、有効に活用することができるでしょう。

現代社会としては、必須の経営手法でもありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

※管理人厳選リンク
こちらはデータ入力業務をアウトソーシングで請け負っている会社のサイトです・・・データ入力